年金制度は、高齢になったときに備えて若いうちから保険料・掛金を拠出し、社会全体で支えあうしくみになっています。
国民年金は日本に住むすべての人に共通する年金制度で、高齢になったときに「老齢基礎年金」をうけることができます。また、私たちは会社員のための年金制度である厚生年金に加入し、老齢基礎年金に上乗せするかたちで、「老齢厚生年金」をうけられます。
高齢化がますます進展し、ライフスタイルが多様化するなかで、高齢期の生活をより充実したものにするには、国の年金制度だけでは必ずしも十分でないのが実情です。そこで、国の年金制度を補完し、より手厚い給付の実現のために、厚生年金基金が設立・運営されています。
厚生年金基金では、老齢厚生年金の一部を国に代わって運営し、さらに基金独自の給付(プラスアルファ部分、加算部分)を上乗せしています。
基金に加入している人は、将来国と基金の両方から年金をうけることができます。