加入員または加入員の配偶者が出産したとき、基金より出産祝金が支給されます。
退職された方(女性)でも、退職後6ヵ月以内に出産した場合は、出産祝金をうけることができます。
手続は、在職中は会社を通して、退職後は直接基金へ請求します。退職された方については、請求書をこのサイトよりダウンロードできます。
ご請求の際は、出生証明書や住民票など出産を証する書類(出産年月日・親子関係がわかり、医療機関または公的機関の証明のあるもの)の写しを添付してください。
●支給額 1児につき15,000円
※育児休業期間中は、保険料および基金の掛金が事業主の申請により免除されます。会社を通じて手続を行ってください。

加入員が在職中に亡くなったとき、基金より死亡弔慰金が支給されます。
手続は会社を通して請求します。ご請求の際は、死亡を証明する書類(写し)、加給対象者がいるときは身分関係がわかる書類(戸籍謄本などの写し)を添付してください。
●支給額
 加入10年未満  50,000円
 加入10年以上 100,000円
 加入15年以上 150,000円
※死亡時に生計を同じくしていた配偶者がいたときには30,000円を加給。

<遺児育英資金>
死亡当時、加入員に生計を同じくしていた18歳未満の子(18歳を達した年の3月31日まで含む)がいるときは、基金より遺児育英資金が支給されます。支給額は、満18歳未満の子1人につき、一時金100,000円です。該当される方は、死亡弔慰金の請求と同時に手続をしてください。


       会社の担当者の方は、こちらから用紙をダウンロードして下さい


PDFファイルをご覧になるためには、
無償ソフトAdobe Acrobat Reader が必要です。